【スイッチ】ボリューム満点!長く遊べるおすすめRPGソフト10選!

シェアする

今回はスイッチで遊べるボリューム満点なRPGの紹介です。

「長く遊べる」という点に着目して自分なりに10本チョイスしてみました。

休日を使ってガッツリゲームを楽しみたい方、時間に余裕があって暇で仕方がない方など、是非とも参考にしてみて下さい。

それではどうぞ!

スポンサーリンク

スイッチ ボリューム満点!長く遊べるRPG10選

【ゼノブレイド3】

圧倒的なボリュームを誇る超大作「ゼノブレイド3」。

テーマを「命」とした少しダークな物語が特徴的なゼノブレイドシリーズの集大成的作品です。

物語に前作との直接的な繋がりがないため、これまでゼノブレイドシリーズに触れてこなかった方でも安心して遊べます。

そして今作からの新要素として一番に注目したいのはクラス(ジョブ)の概念でしょうか。

クラスはマスターすることによって一部のスキルを他のクラスに引き継げるので、育成がより楽しく、幅が広がっています。(クラス毎に衣装も変わる)。

またインタリンク(合体変身)によって「ウロボロス」と呼ばれる姿になれるのですが、そのウロボロス毎にスキルツリーが用意されているのも嬉しいポイント。

広大なマップ、育成の幅、やり込み要素の充実と3点揃った100時間以上は遊べる超ボリュームな作品です。

【トライアングルストラテジー】

タクティクスRPGの傑作「トライアングルストラテジー」。

HD-2D(簡単に言うと綺麗になったドット)で描かれる重厚な物語、戦略性のあるバトルが楽しめるじっくり遊ぶタイプの作品です。

プレイヤーの選択によって物語が分岐し、もちろん結末も変わってきます。(マルチエンディング採用)。

また選択によって仲間になるキャラクターまでもが変化するのも特徴的です。

戦闘はマス目で戦うマスゲー(スパロボみたいな感じ)となっており、地形の高低差や仕掛けを駆使して戦います。

加えて各キャラクターには固有のクラスが設定されていて、アイテムによって上位クラスへと昇格が可能です。(武器の強化なども出来る)。

肝心なボリューム面に関してですが、全ての物語を見るとなるとかなり長く遊べます。

反面、一週すると途端に飽きちゃうという方はボリューム不足を感じるかもしれません。

【真・女神転生V】

メガテンシリーズの最新作「真・女神転生V」。

舞台はシリーズではお馴染みの東京。いや、詳しく言えば天使や悪魔が存在する「もう一つの東京」です。

戦闘はコマンドバトルが採用されており、敵の弱点を突くことによって一方的に攻撃することが出来るというもの。

ただし逆に弱点が突けなければ敵の容赦ない攻撃を受けるため、難易度は比較的高めです。(難易度変更は可能)。

ではどのように対処するのかというと、悪魔を交渉して仲魔にし、「悪魔合体」で自軍を強化していきます。

悪魔合体ではスキルの継承なども可能なため、敵に合わせて仲魔を切り替えることが大切です。

また今作はマップ探索(結構広い)や、サブクエ等のやり込み要素も充実しており、ボリューム面に関しても◎。長く遊べます。

【ブレイブリーデフォルト2】

ジョブ好きにはたまらない王道RPG「ブレイブリーデフォルト2」。

戦闘は「ブレイブ」と「デフォルト」を駆使して戦うターン制コマンドバトル。

「デフォルト」でBP(バトルポイント)を蓄積し、相手の隙を見て「ブレイブ」(BPを消費した連続攻撃)を叩き込む「戦局管理」が楽しいゲームです。

加えて今作ではジョブチェンジが可能となっており、メインジョブとサブジョブの組み合わせによって戦い方が大きく変わります。

例えばメインに盾役のジョブ、サブに回復役のジョブを設定させると「回復出来るタンク」の出来上がりです。

またジョブレベルを上げてパッシブを習得すると、他のクラスでもそのパッシブが使えるため、戦闘の幅は無限大!(無限ではない)。

ジョブの数も豊富なので、ジョブシステムに惹かれる方や育成が好きな方は長く遊べる作品です。

【ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション】

オープンワールドRPGの定番「ウィッチャー3 ワイルドハント」。

「もうええっちゅうねん!」ってなほどの有名作ですが、長く遊べるゲームとして外すわけにはいきません。物凄いボリュームです。

主人公はイケオジのウィッチャー(簡単に言えば超人)「ゲラルト」さん。怪物退治の専門家です。

物語は少なからず前作との繋がりがあるので少し分かりにくいですが、最悪理解出来なくてもゲーム自体が楽しいので問題ないかと。(気にする方は調べましょう)。

そして本作の一番の魅力は世界観もそうですが、何と言ってもその圧倒的ボリューム。

サブクエがもはやサブクエではなく、1つ1つが丁寧で興味深い内容、かつ数も豊富。さらにはマップがとんでもなく広い。おかしい。

加えてスイッチ版は今までのDLCが全部入ってるので、ハマれば100時間コース確定です。

【ファイアーエムブレム 風花雪月】

ファイアーエムブレムシリーズの名作「ファイアーエムブレム 風花雪月」。

「FEシリーズ最高傑作」とも呼ばれるシミュレーションRPGで、ボリューム面に関しても過去最大級。超人気作です。

プレイヤーは士官学校の教師となり、3つの学級から1つを選択して物語が進行していきます。

物語は大きく4つに分岐し、それぞれサブクエ等のやり込み要素をこなして遊ぶと200時間は遊べるでしょう。(個人差はある)。

しかも驚くことにテキストがほぼ全てフルボイス。モブキャラだって例外ではありません。

戦闘は生徒を指揮して戦う進軍バトル。大ダメージを与える「戦技」や、騎士団を率いて戦う「計略」、仲間との共闘「連携」など、やれることは多い。

また生活パートでは生徒に「指導」を行うことにより、戦技や魔法を習得させたりなどの成長要素もあります。

前作と物語の繋がりもないのでFEシリーズが初という方でも安心です。おすすめ。

【ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ】

もっと評価されてもいいゲーム「ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ」。

2006年に発売された「ファイナルファンタジーXII」に様々な追加要素を詰め込んだ完全版です。

数々の追加要素の中でも特に注目したいのは「倍速機能」の追加。

これは移動や戦闘速度を2倍/4倍速に出来るといったもので、こやつのおかげでテンポが良くなり時代に追いつきました。サクサクです。

戦闘はシームレスに展開され、「ガンビット」と呼ばれるマクロみたいなものを組んで戦います。(仲間に設定してあげる)。

ガンビットの組み方次第で自分の思い通りに動く「AI」を作り上げることが可能です。

またジョブやモブハント、強くてニューゲームなどのやり込み要素も豊富ですし、めちゃくちゃ強い裏ボスなんかもいます。(召喚獣集めも楽しい)。

グラフィックの粗こそ目立ちますが、「ゲーム」を楽しみたい方におすすめです。

【オクトパストラベラー】

古き良きRPGの再来「オクトパストラベラー」。

HD-2Dと呼ばれるめっちゃ綺麗なドットグラフィックで描かれる王道RPGです。

主人公は全部で8人。その中から1人を選び物語が進行していきます。

8人の主人公は各地で全員仲間に加えることができ、それぞれ「盗む」や「誘惑」などといった固有のアクションを持っています。(それらを使って探索を行う)。

戦闘はターン制のコマンドバトル。敵の弱点を突いてシールドを削り、「ブレイク」させるのが基本戦術です。

ターン経過で貯まるブーストポイントを使い「コマンドブースト」(スキルの威力などが上がる)で一気に畳み掛けましょう。

また本作ではジョブの概念があり、ベースジョブとバトルジョブの組み合わせにより戦略性がより高まります。(上位ジョブもある)。

裏ボスなんかも用意されているので、ボリューム満点!気になる方は要チェック。

【ゼノブレイド2】

ゼノブレイドシリーズ第2作目「ゼノブレイド2」。

次作である「ゼノブレイド3」が発売されていますが、ボリュームに関して言えばこちらも引けを取りません。

舞台は「アルスト」。この世界ではアルスと呼ばれる巨大生物が生息しており、人々はそのアルスに国を築いて生活しています。

戦闘はゼノブレイドシリーズではお馴染みのシームレスバトル。

自動で発動する通常攻撃を行いながらアーツ(スキル)や必殺技、チェインアタックなどを駆使して戦います。

バトルシステムは結構複雑なので、これはもう動画見たほうが早いです。(簡潔に説明する語彙力がない)。

やり込み要素としては広大なマップの探索、キャラの育成、膨大なサブクエスト、周回要素などがあります。

賛否両論ある作品ではありますが、ボリューム的には100時間以上遊べる内容です。

【ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S】

国民的RPGドラクエから「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S」。

勇者の末裔である主人公がある日突然「悪魔の子」として追われる物語を描いたドラクエシリーズ最新作です。

完全版とも言えるスイッチ版では以下の追加要素が含まれています。

  • キャラクターにボイスを追加
  • キャラごとにストーリーを追加
  • 歴代ドラクエシリーズの世界を冒険可能に
  • 3Dモードと2Dモードの切り替え
  • 結婚システムの追加
  • 戦闘倍速機能・ダッシュ機能の追加
  • オーケストラ音源の追加
  • 見た目装備の追加
  • 写真機能の追加
  • 真の裏ボスの追加

ちなみにボイス追加が気になるという方はオフにすることも可能です。

ただでさえ長く遊べる作品が更にボリュームを増しているので、まだ遊んだことがない方は遊んでみて下さい。

まとめ

【個人的おすすめランキング】

  • 第1位:「ゼノブレイド3」
  • 第2位:「ブレイブリーデフォルト2」
  • 第3位:「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S」
  • 第4位:「真・女神転生V」
  • 第5位:「トライアングルストラテジー
  • 第6位:「ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション」
  • 第7位:「ファイアーエムブレム 風花雪月」
  • 第8位:「ゼノブレイド2」
  • 第9位:「オクトパストラベラー」
  • 第10位:「ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ」

★合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

シェアする

フォローする