【ライザのアトリエ】スイッチ版の感想と評価!画質は十分?面白い?

シェアする

2019年9月26日(木)に「ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~」がついに発売されました!

ちなみに自分はベッドで寝転びながら遊びたかったのでスイッチ版を購入。

そこで今回は実際に遊んでみた感想や、みなさん気になっているであろう画質についてなんかをまとめます。

結論から言うと画質も十分で普通に面白いです。

ライザちゃんもやばいぐらい可愛いのでおすすめです。

それとついでにどんなゲームなのかを解説する記事でもあったりするので、買おうかどうか迷っている方は要チェック。

実際にプレイした時の様子を交えながら詳しく紹介します。

というわけで前置きは終わり!

早速内容に入ります。

※注意事項※

この記事は序盤のチュートリアル的な部分の物語に沿って解説を入れています。

全てを読んでも先の展開が分かるといったことは一切ないですが、完全な初見で楽しみたいという方は読まないで下さい。

スポンサーリンク

ライザのアトリエとは

【どんなゲーム?】

錬金術でアイテムを作成するシステムが特徴的なアトリエシリーズの最新作です。(2019年9月26日現在)

本作はアトリエシリーズの中でも完全新規の第1作目となっており、これまでのアトリエシリーズとは少し違った要素を取り入れています。

例えばバトルシステムはターン制からリアルタイム制へと変更され、過去作のバトルと比べて戦闘のテンポが格段に上がりました。

また調合システムもより手軽で簡単なものへと生まれ変わっており、アトリエシリーズが初めてという方からすればまさに始め時といった作品です。

それと主人公ライザの太ももが魅力的過ぎると話題になり、発売前からかなりの注目を浴びていた作品でもあります。

ライザを見て可愛いと思うのであれば買って損はないゲームだと言えるでしょう。

【難易度について】

本作から戦闘がリアルタイムになっているのでじっくりと考えて技の選択を行うことは難しいです。

スピード感があるためゲームが苦手な方はもしかするとテンパってしまうのかもしれません。

しかし本作はオプションからいつでも難易度調整が行えるようになっています。

それと公式でもゲームが苦手な方でも安心といったアナウンスもあります。

それでも不安な方はよく考えてから買うのが一番ですが、自分としてはまず問題ないのかなといった印象です。

ちなみに錬金術に関しては「おまかせ自動投入」というオート機能があるので何も心配は入りません。

【画質について】

正直に言うとグラフィックが物足りないといった感覚は確かにあります。

特に影と木の表現は結構気になるレベルですが、ライザを含む人物の描写は普通に許容範囲内でした。

PS4版はプレイしていないので比べることは出来ませんが、性能的に考えると間違いなくスイッチ版のほうが画質は劣っているでしょう。

でもそれって買う前からみんなわかりきってることなんですよね。

問題はスイッチ版でも十分なのかどうかだと思うんですが、個人的には全然普通に綺麗だと思いました。

いや本当に十分も十分ですよ。ちゃんと揺れるもんは揺れますしね(笑)

あまり画質は気にせずスイッチで遊びたいならスイッチ版でいいと思います。

【良い点・悪い点】

■「良い点」

  • アトリエシリーズが初めてでも問題なし
  • 日数制限がない
  • 錬金術がお手軽で楽しい
  • スピード感溢れる新バトルシステム
  • 温かみのあるグラフィック
  • ロード時間が思ってたより短い
  • 難易度調整でゲームが苦手な方でも安心
  • ライザがやたらと可愛い
  • ライザの太ももで食欲増進
  • ライザのお胸がしっかり揺れる
  • 可愛いキャラがライザだけではない
  • 目の保養を求めるならうってつけ
  • のんびり遊びたい方にもうってつけ

■「悪い点」

  • 十分楽しく遊べるがキャラゲー感は否めない
  • モーションが軽めに感じる
  • ライザが可愛くなければ評価はまた変わるという事実
  • 仕方ないけどグラフィックは他ハードに劣る
  • 男性キャラの魅力が薄い

実際にプレイした時の様子と解説

【プレイ開始】

冒険の始まりは秘密基地で島の外への冒険計画を練っているところから始まります。

ライザがすでに可愛くて素敵です。

今日は何やら島の外から商人が来るみたいなので、小舟で島の対岸に渡って商人を見に行こう!ってな展開に。

そうと決まれば行動派のライザちゃん。早速村に飛び出します。

そしてライザの部屋についてのチュートリアルが始まりました。

ライザの部屋はゲームの基本となる拠点みたいな場所です。

セーブとロードはここで行い、休憩して時間帯を変更することも出来ます。

なお、時間帯は「朝・昼・夕方・夜」の4種類です。

というわけで操作開始!

まず最初に確認することはただ一つ。ずばりお胸と太ももです。

特にお胸が揺れるのかどうかは不安要素だったんですが、スイッチ版でもお胸はバッチリ揺れましたのでみなさんご安心を。

もちろん太ももにいたってもばっちりな仕上がりとなっています。

後はスイッチ版なのでロード時間とかも気になってたんですが普通に快適でした。

だいたい5秒前後といった感じでストレスを感じる領域ではありません。

少し気になる部分としてはちょっとした段差をジャンプで越えられないところですね。

まぁ移動速度がそこそこ速いのでそこまで気にはなりませんが。

といった感じでうろちょろ色々と確認しつつ先に進みました。

目的を今一度確認すると、小舟で島の対岸に渡って商人を見にいきたいわけです。

なので小舟をこっそり拝借したいところなんですが、護り手のアガーテ姉さんが船着き場にいるので難易度は爆上がり。

ちなみに護り手とは村の警備隊みたいなものです

ここで船着き場から小舟を拝借する作戦は一旦中止、ライザが奥の手を提案してきます。

話を聞いてみると何やら家の近くに秘密の場所を見つけたからそこに行こうとのこと。

早速その秘密の場所に向かいます。

到着すると小舟を発見。

秘密の場所の正体は秘密でも何でもない村のおっさんが釣りの時に使っているただの釣り場でした…。

まぁそういうところも可愛いよね!

もうライザちゃんだったらどんなに天然でも許します。

【対岸に向かい戦闘チュートリアル】

というわけで無事に対岸に到着。

噂の商人さんはまだ来ていないみたいなので島の外を冒険することになります。

まぁライザからすればそっちがメインで商人はあくまでおまけ程度といったところでしょう。

とにかく小妖精の森に向かいます。

少し歩いたらすぐに到着。

イベントの後に戦闘のチュートリアルが始まりました。

エンカウント方法はフィールド上のモンスターに触れると戦闘になるタイプです。

用語で言うとシンボルエンカウントってやつですね。

画像の下の青ゲージがHP、黄色いのがブレイクゲージです。

ブレイクゲージが0になるとしばらくの間行動不能となります。

戦闘はリアルタイムで進行し、左のアイコンで行動順が確認出来ます。

もちろんリアルタイムなので行動選択中も時間は止まりません。

ターンが回ってくると右のコマンドから行動を選択します。

「ATTACK」、「SKILL」、「MOVE」と書いてあるところです。

「ATTACK」はAPを消費せず攻撃を行う通常攻撃となっており、攻撃する度にAPが増加します。

「SKILL」はAPを消費して強力な技を発動することが出来ます。

「MOVE」はキャラクターの位置の変更や戦闘からの逃走に使います。

通常攻撃を行いAPを獲得しました。

APはその戦闘中にのみ有効な味方共有のポイントです。

共有とのことなので仲間が通常攻撃を行った際にもAPは増加します。

またAPはスキルだけではなく、様々な行動で消費するものなので計画的に使っていきましょう。

続いてはタクティクスレベルの説明です。

タクティクスレベルはAPが最大の時にAPを全消費してレベルを上昇させることが出来ます。

レベルを上昇させると以下のような恩恵が得られます。

  • 通常攻撃が強化される
  • APの最大値が上昇する
  • 効率よくAPを貯められるようになる
  • 特定のスキルが強化される

こんな感じで戦闘を有利に進めることが出来るので積極的に上げていきましょう。

タクティクスレベルが2なのでコーリングスターというスキルが強化されています。

ちなみに方向キー上下でアグレッシブモードとネガティブモードを切り替えることが出来ます。

■「アグレッシブモード」

仲間がAPを消費してスキルを使用するモード

■「ネガティブモード」

仲間が通常攻撃のみを使用するモード

また方向キー左右ではターゲットの切り替えが可能となっており、+ボタンを押すことで一時停止(ポーズ)が行えます。

といった感じで戦闘チュートリアルが終了。

かと思いきや、スイングのチュートリアルが開始されました。

フィールド上の敵シンボルに攻撃を当てると戦闘が有利になるというシステムです。

具体的に説明するとAPを10獲得した状態で戦闘が開始されます。

シンボルエンカウントのゲームではよくあるやつですね。

それでは先に進みましょう。

【天使とボインのハーモニー】

開けた場所に到着すると何やら森の奥から女の子の悲鳴が聞こえてきます!

野郎の悲鳴であれば聞こえなかったフリも選択肢の1つですが、声が女の子である以上は助けるしかありません。

急いで救助に向かいましょう!

それであわよくば仲良くなってそれからデートなんかしてそれからry

到着すると天使と見間違うほどの美少女がモンスターに襲われていました。

美少女ということなのでフルパワーでぶっ殺して即救助。

どうやら森で迷ってしまったらしく、一緒に森を出ることになりました。

美少女の名前はクラウディアちゃん。

旅の商人をしているお父さんと一緒にこの島へやって来たみたいです。

といった自己紹介的な会話をしていたら再びモンスターが急襲!

こいつがめっちゃ強くてあっという間に全滅します。

俗に言う負けイベントってやつなんですが、そうとはわかっていても初撃が重いと焦りますよね…。

とまぁイベントが進みライザたちは絶体絶命!

もう駄目だと諦めかけたそのときです!

圧 倒 的 破 壊 力

超絶ボインお姉さんが心身共に助けてくれました。

まぁ正確に言うとモンスターを倒したのは相方の野郎の方なんですが、もはや自分の視線はその豊かな胸部に釘付けです。

野郎の名前は完全に忘れましたが、ボインお姉さんの名前はリラちゃんと言います。

いやぁーライザのアトリエって楽しいですね (ゲス顔

そんな感じでここは危ないのでとりあえず一緒に森を出ることになります。

ちなみにこのイベントをきっかけにライザは錬金術に興味を抱き始めます。

帰る最中にイベントが発生。

魔払いの花についてのチュートリアルです。

いわゆる休憩ポイントといった感じで、休憩するとHPが全回復します。

何回でも使えるというわけではなく、一定時間が経過すると再度使用が可能になります。

そしてようやく船着き場に到着。

護り手のアガーテ姉さんがいまして、ライザたちはこっぴどく叱られます。

しかしライザたちは悪くないないと必死で庇うクラウディアちゃん。

いやぁかわいい。結婚したい。

そんでクラウディアちゃんのお父さんも船着き場にいました。

どうやら噂の商人はクラウディアちゃんのお父さんだったようです。

とまぁなんやかんやありまして、リラちゃんたちとクラウディアちゃん親子は村に滞在することになります。

とりあえず村に帰りましょう。

【村に帰って錬金術チュートリアル】

村に帰って村を歩いているとヤンキー2人組とエンカウント。

ライザたちに散々悪口を吐いて去っていきます。

すっかり落ち込んでしまったライザちゃん。

とりあえず今日は解散ということで帰宅します。

帰宅しましたがライザちゃんがめっちゃ落ち込んでいます。

「大丈夫?結婚する?」と声を掛けてあげたくなりますが、そこにライザとタオがとっておきの情報を持って出現。

何やらリラちゃんたちが旧市街に家を借りたらしく、一緒に様子を見に行こうとのこと。

錬金術について何か教えて貰えるかもしれないと思ったライザちゃんは元気を取り戻します。

よかったよかった。

というわけでリラちゃんたちの家に到着。

色々省きますが晴れて錬金術を教えて貰えることになりました。

とにかくやってみよう!ということで錬金術に使う素材を取りに魔石の森に向かいます。

ここで案内板のチュートリアル。

島内に点在する案内板を調べることで過去に訪れたことのある地区にワープが出来ます。

ファストトラベル的なやつですね。

さてさて魔石の森に到着。

ここでは錬金術には欠かせない採取について学びます。

素材は各フィールド様々な場所に落ちており、そのまま採取するタイプと武器を振ってから採取するタイプの2種類があります。

特別な採取装備を持っていると別の素材が取れることもあるみたいです。

採集ポイントは光っていて見つけやすいので、見かけたら積極的に採取していきましょう。

素材の採取を済ませてリラちゃん宅へ戻ります。

そしてここでアトリエシリーズの目玉とも言えるシステム「錬金術」のチュートリアルが開始されます。

「中和剤・緑」を作っていきましょう。

画像の緑の丸い部分をマテリアル環と呼びます。

このマテリアル環に適切な材料を入れていくのが本作の錬金術の基本です。

というわけで早速取ってきたナナシ草を入れてみます。

マテリアル環の周りにある小さい丸い枠が1つ点灯しました。

この小さな丸い枠を「属性値」と呼びます。

では更にもう一つナナシ草を入れてみましょう。

すると残りの属性値も点灯して次のマテリアル環が解放されます。

こんな感じ。

同時にアイテムの効果や品質上昇などの様々な恩恵が得られます。

そんでこの解放された青いマテリアル環に水を入れます。

すると同様に属性値が点灯し、また次のマテリアル環が解放されます。

こんな感じ。

ちなみに調合はレシピごとに入れなければいけない材料の数が決まっています。

今回作っている「中和剤・緑」のレシピは素材を3回投入しなければ調合することが出来ません。

見えにくいかもしれませんが、画像の下に「残り投入回数」という表示があります。

すでにナナシ草、ナナシ草、水と3回素材を入れているので現在は0です。

つまり調合の準備が整ったわけなので早速調合していきましょう。

はい!完成!

ライザちゃんかわぃぃぃー!

後は補足として、調合を行うにはアイテムレシピとアイテムレベル以上の錬金レベルが必要です。

まぁよくわからんという方に向けて簡単にまとめると、基本的には要求される材料を当てはめていくだけといった解釈で問題ありません。

慣れると結構楽しいですよ!

【ライザちゃんがウルトラキュート】

そんな感じで錬金術の素質があることが判明したライザちゃんは大喜び!

見て下さいこの表情。たまらなく可愛いです。

早速家に帰って錬金術を試そうと張り切るライザちゃんなのでした…。

というわけで、このへんでライザのアトリエの基本的な部分の説明は終わったと思うのでここまでにしておきます。

まだ説明しきれていない細かい部分も多いですが、そこらへんは買ってみてからのお楽しみということで!

気になる方は是非遊んでみて下さい!

感想と評価

【キャラゲー感は否めないものの面白い】

このゲームはライザを含む女性キャラクターに魅力を感じるかどうかで評価は変わってくるでしょう。

ドラゴンクエストのような丁寧なRPGがやりたいだけといった方には正直おすすめしません。

しかしだからといってライザのアトリエがクソゲーだと言いたいのかというとそれは全く違います。

ライザのアトリエはライザを含む可愛い女性キャラクターがいるからこそ成り立っているゲームです。

その時点でキャラゲーの域を超えれていないという事実は認めますが、キャラゲーというカテゴリーから見ると神ゲーです。

ライザの圧倒的なカリスマ性(太もも)、そしてゲームシステムに関してもテンポが良く個人的には大満足しています。

RPGとしてはとてもナチュラルな位置にいて、そこにライザたちの可愛さを上乗せ出来るかどうかといったところでしょうか。

ライザに魅力を感じるなら面白いRPG。ライザに魅力を感じないならごく普通のRPG。

これが遊んでみて感じた自分の素直な感想です。

というわけで今回はこれで終わり!

もしこのゲームのボリュームについても知りたい方は下の記事も読んでみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございましたぁー!

↓ ↓ ↓

★CHECK!

※注意点※

あくまで個人的な感想・評価になります。

参考程度によろしくお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする