【PS4】ゴッド・オブ・ウォーの完全新作は面白い?魅力まとめ!

シェアする

※こちらの記事は発売日前に書いた内容となります。

2018年4月20日(金)にゴッド・オブ・ウォーシリーズの最新作である「ゴッド・オブ・ウォー」が発売予定です。

残虐性溢れるアクションとド派手な演出で人気の作品ですが、ついに最新作が出るとのことなので魅力をまとめます。

ちなみに今作はゴッド・オブ・ウォーシリーズをプレイしたことがない方でも問題なく遊べる内容となっていますので安心して下さい。

それともう一つ未プレイの方に向けて言うとすれば、このシリーズにハズレというものは存在しません。

自分は過去作を全てプレイしてきているので言い切れますが、今作も間違いなく神ゲーの仲間入りを果たすでしょう。

まぁ発売日前に何言ってんだ!って感じかもしれませんが、それほどこのシリーズに対しての信頼が厚いということです。

もしクソゲーだったらそれは素直にごめんなさい(笑)

スポンサーリンク

PS4 ゴッド・オブ・ウォー

【どんなゲーム?】

まずは下に貼ってあるPVを見て頂ければこのゲームの雰囲気が掴めるかと思いますので是非ご覧ください。

↓ ↓ ↓

いかがでしたでしょうか。

自ら「約束された神ゲー」と称している辺りを見るとかなりの自信作なのが伺えます。

ジャンルとしてはアクションアドベンチャーなんですが、そこらへんのアクションアドベンチャーとは一味も二味も違うのがゴッド・オブ・ウォーシリーズです。

例えば敵の頭をもぎ取ったりもしますし、容赦なく腕を引き千切ったりなどかなりバイオレンスな表現を含むゲームです。

しかしただグロいだけのゲームかと言われるとそうではなく、戦闘のテンポ感やアクション性など全てにおいて高水準なゲームです。

ただ少しストーリー性に欠けているかな?というのが過去作での個人的な不満でしたが、今作では物語も楽しめそうな感じがします。

なんたって過去作では復讐の鬼だったクレイトス(主人公)が、今作ではお父さんとして息子と一緒に旅をするわけですからね。

この設定だけでも感動的なシーンが予想されますし、クレイトスの意外な一面も見れたりするのではないでしょうか。

それと今作から新たに自由度の高い育成要素やフィールドの探索要素が加わっていたりもします。

全くもって新しいゴッド・オブ・ウォーが楽しめそうですね。

【これまでの歴史】

これまでに発売されたゴッドオブウォーシリーズは以下の通りです。

※Best Price版、コレクション版、リマスター版などは省いています。

  • ゴッド・オブ・ウォー (2005年 3月22日)
  • ゴッド・オブ・ウォーⅡ 終焉への序曲 (2007年 10月25日)
  • ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲 (2008年 3月4日)
  • ゴッド・オブ・ウォーⅢ (2010年 3月25日)
  • ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印 (2010年 11月11日)
  • ゴッド・オブ・ウォー アセンション (2013年 3月14日)

こう書いてみるとなかなかにたくさんの続編が発売されていますね。

どうでもいいかもしれませんが、個人的には「ゴッド・オブ・ウォーⅡ 終焉への序曲」が一番好きです(笑)

皆さんはどの作品が一番好きでしょうか?

よかったらコメントなんかで教えて下さいね!

【物語のあらすじ】

ギリシャ神話の神々への凄惨な復讐の過去を捨て、北欧の地に辿り着いたクレイトス。

彼はそこで妻を娶り、息子アトレウスをもうけていたが、自らの血塗られた過去ゆえ、アトレウスとも距離を置いて暮らしていた。

しかし、突然の死によって妻を喪ったクレイトスは、「一番高い山の頂から遺灰を撒いてほしい」という彼女の遺言を守るため、北欧神話の神々が司るミズガルズの地へ、アトレウスとともに旅に出ることとなる。

かつて神を殺した男は、父としてその旅を全うできるのか。

そして危険な旅路の先に父子を待つ衝撃の真実とは。

ここに、 『ゴッド・オブ・ウォー』は、全く新しい物語として動き始める。

出典元-引用:http://www.jp.playstation.com/scej/title/gow/

簡単にまとめると舞台はギリシャ神話から北欧神話となり、突然死した妻の遺灰を撒くために息子と共に旅に出る。という感じです。

息子と一緒にという部分がなんとも興味をそそられますよね。

一体どんな展開が待ち受けているのでしょうか…。

【登場キャラクター】

■「クレイトス」

ギリシャ神話の神々との戦いを終えた伝説のスパルタ兵。

今作では北欧の地に流れ着き、神殺しという血塗られた過去ゆえに息子とは距離を置いて生活をしています。

今作に限ったことではありませんが、今作も引き続き主人公となります。

■「アトレウス」

クレイトスの息子です。

まだまだ未熟な部分は多いものの、幼い頃から身に付けたスキルで戦います。

こちらもクレイトスと同じく主人公といってもいいぐらいのポジションですね。

■「ブロック」

クレイトスたちの装備強化やクラフトを行う鍛冶屋です。

性格にややクセはあるものの鍛冶屋としての腕前は一流とのこと。

弟よりも自分の方が腕が良いとたびたび主張したりするようです。

■「シンドリ」

察しのいい方はお気付きかと思いますが、先ほどの鍛冶屋「ブロック」の弟となります。

弟も兄と同じように兄より自分の方が腕が良いと主張するようです。

兄弟であり良きライバルといった関係でしょうか?

■「森の魔女」

とあるきっかけでクレイトスたちと知り合う森の魔女です。

非常に豊富な知識を携えており、古の魔法を自在に操ることができます。

クレイトスたちの頼もしい協力者として活躍するようです。

■「クレイトスの妻」

そのまんまクレイトスの妻であり、アトレウスの母親です。

物語の冒頭で死去していますが、彼女は一体何者なのでしょうか…。

登場キャラクターとして紹介しているぐらいなので、回想シーンなんかで物語に登場してきたりしそうですね。

【シリーズ初でも大丈夫?】

記事の冒頭でも話しましたが、この「ゴッド・オブ・ウォー」はシリーズ未プレイの方でも十分に楽しめます。

理由としてはこれまでの過去作は1つの物語を描いたもので、その1つの物語は「ゴッド・オブ・ウォーⅢ」で完結しているからです。

言わば今作は新たな物語の幕開けといった感じの作品なので、未プレイの方でも安心して始めることができるわけです。

まぁクレイトスがどういうキャラクターなのかなどを知っていた方がより物語を楽しむことはできそうではありますが、過去作をプレイしないと物語についていけないといったことはないでしょう。

なので「気になるけど過去作やったことないからやめとこう」なんて思っている方は少し勿体ないです。

強制しているわけではありませんが、気になったのなら是非プレイしてみて頂きたいというのが本音です。

ゲームシステムについて

【戦闘】

PVを見て頂ければ分かる通り、基本的にプレイヤーはクレイトスを操作して戦うことになります。

アトレウスはNPCとしてサポートの役割を担いますが、プレイヤーの意志(ボタン操作)でアトレウスにスキルなどを使用させることが可能です。

アトレウスの攻撃にはスタン効果というものが高く設定されており、敵にスタンゲージを蓄積させることでド派手なフィニッシュ技を決めることができます。

いわゆる一撃必殺みたいな感じの技ですね。

また一定数以上の敵を倒すことにより、クレイトスの能力が大幅に上昇する「スパルタン・レイジモード」を発動させることもできます。

アトレウスとの連携とスパルタン・レイジモードを駆使して戦うのが今作の戦闘においての基本といったところですね。

【スキル】

今作では育成要素としてクレイトスとアトレウスにさまざまなスキルを習得させることができます。

2人にはそれぞれ専用のスキルツリーが用意されており、敵を倒したときなどに得られる経験値を消費して割り振っていくといったものです。

スキルには新たなコンボ攻撃や強力な範囲攻撃など多種多様なスキルが存在するみたいなので、自分のプレイスタイルに合ったスキルを覚えさせましょう。

アクションが豪快なゴッド・オブ・ウォーのことですので、きっとかっこよくも爽快感溢れる脳筋的なスキルが多そうです。

【武器と防具】

今作では新しい要素としてクレイトスとアトレウスに武器と防具を装備させることができます。

装備は「ブロック」と「シンドリ」の店で購入するほか、クラフトを行って入手することも可能です。

また、この武器と防具はアップグレードなんかもできちゃうわけなんですが、アップグレードにはいかんせん資源が必要です。

資源は宝箱から入手、あるいは敵を倒したときに確率で入手できるみたいなのでフィールドをくまなく探索して集めましょう。

それと武器にはルーンアタックと呼ばれるものが装着できるソケットが付いています。

有名どころで言うとFF7のマテリアシステムみたいなもので、こちらもゲームを惹きたてるスパイスとなってくるでしょう。

ちなみにこの武器と防具は装備を変更することできちんと見た目も変わります。

【クエスト】

今作ではメインクエストの他にサイドクエストというものが存在します。

このサイドクエストですが、やるかやらないかはプレイヤーの自由ではあるものの基本的にはやった方が得です。

まぁどんなゲームでもサイドクエストの報酬が豪華なのは定番ですが、ゴッド・オブ・ウォーも同じように豪華です。

貴重なルーンアタックや強力な装備などが入手できるので積極的にこなしましょう。

それともう一つ新たな要素として、旅の途中で倒した敵、発見した痕跡などが自動的に記録されるようになります。

この記録ですが、一定数以上を達成するとさまざまな報酬をゲットできちゃいます。

こちらもやり込み要素としての一環を担っていますし、これまでのゴッド・オブ・ウォーとは明らかに違いますね。

楽しみだなぁ…。

【敵の種類】

■「ドラウグル」

生前は戦士だったという者の死体が蘇った敵です。

おそらく雑魚敵ですが、火の玉を射出するものや猛スピードで移動するものなど、さまざまなタイプが存在します。

複数体に群れて出現することが多いみたいです。

■「トロール」

すさまじい攻撃力と耐久力を兼ね備えた巨大な敵です。

見るからに筋肉バカなので頭を使えば簡単に倒せそうな気もしますが(笑)

石柱のような武器を振り回して攻撃してくるようです。

■「レヴェナント」

魔法を操り多彩な攻撃を仕掛けてくる敵です。

瞬間移動や毒を使った攻撃などを行うみたいなのでなかなかに厄介でしょう。

武器を投げて応戦するのがよさそう?ですね。

■「ラビッド・ウルフ」

とにかくでかい狼です(笑)

非常に凶暴なようですので危険な敵であることは間違いはないでしょう。

スピードもありそうですね。

商品情報&予約特典

【通常版 早期購入特典付属】

■「同梱内容」

  • ゲーム本編
  • 3種類のシールドスキンがダウンロードできるプロダクトコードチラシ (封入)

【Amazon限定特典付属版】

■「同梱内容」

  • ゲーム本編
  • 3種類のシールドスキンがダウンロードできるプロダクトコードチラシ (封入)
  • シールドスキン「トラベラーの盾」プロダクトコード (配信)

【PS4 Pro ゴッド・オブ・ウォー リミテッドエディション】

■「同梱内容」

  • PlayStation®4 Pro本体 (HDD 1TB)×1 ※オリジナルデザイン
  • ワイヤレスコントローラー (DUALSHOCK®4)×1 ※オリジナルデザイン
  • PS4®用ソフトウェア「ゴッド・オブ・ウォー」通常版×1
  • デジタルデラックス版の以下の追加コンテンツがダウンロードできるプロダクトコード
    >追悼の防具セット
    >石工の巨人の盾 (シールドスキン)
    >デジタルコミック
    >デジタルアートブック
    >PS4®用オリジナルテーマ
  • 3種のシールドスキンがダウンロードできるプロダクトコードチラシ (封入)
  • その他

最後に

【気になるようなら買うべき作品】

何度も申し上げる通り、このゲームは神ゲー確定です。

発売日前ではありますが何故か自分の中で自信満々なんですよね(笑)

まぁ未プレイの方からすれば合わないかもしれないとかで不安になるのも頷けますが、買って損はしないと思います。

なんかグイグイ勧めてくるセールスマンみたいになってますが、なにも騙すつもりはなく純粋におすすめしています。

気になるようでしたら是非プレイしてみて下さい。

というわけでゴッド・オブ・ウォーの最新作についてのまとめでした。

最後まで読んでくれてありがとー!

※あくまで購入を決めるのは自分です。クソゲーの可能性も0ではないのでそこのところは自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. クレイトスの息子のペットの友達 より:

    こんにちは。
    私は最新作以外のシリーズは全てプレイしてますが、一番好きなのは3です。
    1で味方だった神々と2で味方だったタイタン族、その両陣営を皆殺しにしていく3はプレイしていて一番胸が熱くなりました。ハデスとの戦闘が特に燃えました。
    よく「敵の敵は味方」といいますが、クレイトスにとっては「敵の敵は敵」状態で、自分以外は全員抹殺っていう漢スタイルが好感持てますね。それに神々もタイタン族もクレイトスを裏切った結果の反撃を喰らった形なんで、自業自得ではあるんですよね。
    アフロディーテだけは生き残ってますが、彼女は特にクレイトスに危害を加えてないので生存は妥当だと思います。危害というか、むしろなんというか…

  2. takuyan より:

    コメントありがとうございます!

    3も確かに名作ですよね!
    クレイトスの残虐性はあそこまでいくと気持ちよさすら感じます(笑)
    最新作では今までのシリーズとは少し違ったクレイトスが見れたりするのでよければ遊んでみてください。
    ゲームとしてもかなり面白いのでおすすめです!

  3. 匿名 より:

    うはっ!
    今ストアのセールでデジタルデラックス版が45%割引の1,754円やん
    なんとタイムリーな。これはあれだな、神様が買えって言うとるんやな。ゴッドオブウォーだけに
    では2020年の初ゲームはクレイトス親子でいきましょうか

  4. takuyan より:

    コメントありがとうございます!

    正直この神ゲーが1000円台で買えてしまう意味がわかりません(笑)
    間違いなくやるべきゲームだと思っているのでおすすめです。
    楽しんで下さいねー!

  5. クレイトスの息子のペットの友達 より:

    こんにちは。購入したPS4版GoWクリアしました。
    ギリシャ神話三部作とは雰囲気が随分変わりましたね。クレイトスから冷酷な面がすっかり無くなり、正義のパパになってたのは良い意味で温かい気持ちになりました。
    会話パートも過去作とは比較にならないぐらい多く、ガチガチのアクションだった過去作と違ってヒューマンドラマ寄りのアドベンチャーみたいな側面があり、とても楽しめました。
    北欧神話編も三部作らしいですが、敵勢としてはゼウスの立ち位置がオーディンってことでいいのかな。でもマイティ・ソーのイメージが強いトールのほうが人気がありそう。
    続編も期待ですね!(^‐^)

  6. takuyan より:

    再びコメントありがとうございます!

    実は自分も最近もう一度プレイし直してたりしてました(笑)
    クレイトスの不器用ながらも温かい愛が伝わってくる名作ですよね。
    北欧神話においてはオーディンが主神なので、立ち位置が前作で言うところのゼウスなのには間違いないと思います。
    続編ではせめてどんな姿をしているのかぐらいは確認したい…。
    続編が出たらお互い楽しんで遊びましょう!