シャドウバース 新デッキ「新OTKエルフ」対空射撃などの新カード採用

シェアする

エルフの新カード「対空射撃」などの追加によりOTKエルフが息を吹き返した模様です。

元は環境TOPのパワーを誇っていたデッキなので注目が集まっています!

レジェンドカードが「エンシェントエルフ」だけでいいので組みやすさの点も魅力的ですよ!

■【新OTKエルフ】

1/「エンジェルスナイプ」×3

1/「自然の導き」×3

1/「フェアリーサークル」×3

1/「対空射撃」×3

1/「新緑の加護」×2

2/「リノセウス」×3

2/「森荒らしの報い」×3

2/「茨の森」×3

3/「ミニゴブリンメイジ」×3

3/「エンシェントエルフ」×3

4/「エルフプリンセスメイジ」×3

5/「歴戦の傭兵・フィーナ」×2

5/「ヴィーナス」×2

5/「死の舞踏」×2

5/「森の意志」×2

【コストの内訳】

1コスト:14枚

2コスト:9枚

3コスト:6枚

4コスト:3枚

5コスト:8枚

【キーカード】

[対空射撃]

【効果】

自分のフォロワーかアミュレット1つを手札に戻す。相手のフォロワー1体に3ダメージ。(このカードは、自分の場と相手の場に選択できるカードがあるなら、プレイできる)

「自然の導き」と似たような効果を持つので、リノセウスコンボのお供としても使えますし、「フェアリー」を出して「対空射撃」で戻せば実質2コストの3ダメージスペルカードとしても使えます。

[リノセウス]

【疾走】

【ファンファーレ】

ターン終了時まで、「このターン中に(このカードを含めず)カードをプレイした枚数」と同じだけ+1/+0する。

【進化後】

【疾走】

みなさまご存知のエルフには欠かせない最強のフィニッシャー。

このカードを駆使してOTK(ワンターンキル)を決めます!

【スパイスカード】

[新緑の加護]

【カウントダウン】3

【ラストワード】

ラストワードか、このカードが場から手札に戻ったとき、カードを1枚引く。自分のターン終了時、ランダムな自分のフォロワー1体を+1/+0する。

キーカードである「対空射撃」と組み合わせることにより、カードを1枚ドロー出来るのでデッキの回転を強化できる。

[ヴィーナス]

【ファンファーレ】

アミュレット「収穫祭」1枚を手札に加え、そのコストを0にする。

「歴戦の傭兵・フィーナ」の様な動きが可能で、違いは「ヴィーナス」の場合、進化を温存しつつ0コストのコンボパーツカードを手札に加えれる点です。

「収穫祭」自体も優秀なカードでコンボパーツとして使わずプレイし、ドローを進めてコンボパーツを揃えるという事も出来るので優秀ですね!

【戦い方】

マリガンは「森荒らしの報い」や「フェアリーサークル」などをキープ。

基本的にはOTKエルフ従来の動きでいいかと思います。

進化は「エルフプリンセスメイジ」や「歴戦の傭兵フィーナ」などに使い、コンボパーツを集めながら、除去カードなどで相手の攻撃を凌ぎます。

コンボパーツが揃ったら「リノセウス」で爽快にOTKを決めましょう!

【感想】

新カードの採用によりデッキの回転が以前より強化され、コンボパーツを集めやすくなっています。

「対空射撃」で「戻す」カードが増えたという事もあり「リノセウス」の爆発力が更に発揮されやすくなっていますね。

このデッキ構築だと「ミニゴブリンメイジ」を出せば「リノセウス」を確定でサーチ出来るので、「リノセウス」が引けないという事故も防ぎやすくなっているのも特徴的でした。

環境次第ではまたTOPの座に返り咲くかもしれませんね!

その他のデッキ紹介記事などはこちら

以上です!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

【iOSダウンロード】シャドウバース

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク