【PS4】死にゲー難易度ランキングTOP10!初心者向けはこれだ!

シェアする

「トライ&エラー」を繰り返し、難関を突破したときの達成感がクセになる人気のゲームジャンル「死にゲー」。

難易度が高いジャンルとして有名なので、やってみたいけどまだやったことがないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は死にゲー初心者の方におすすめの死にゲーを10本紹介します。

またそれぞれの作品に難易度を定め、自分なりにではありますがランキングにしてみました。

「これなら自分でもできそう」、「やってみようかなぁ」といった「死にゲー」を始めるきっかけにして頂ければ幸いです。

それではいってみましょー!

※注意事項※

今から紹介するランキングはゲームの難易度のみにスポットを当てたものです。

初心者向けとしてのランキングは記事の一番最後に公開しています。

また、難易度の感じ方は人それぞれです。

あくまで個人的なランキングなので、ご理解のほどよろしくお願いします。

スポンサーリンク

死にゲー 難易度ランキングTOP10

【第10位:ザンキゼロ】

ノンストップ残機サバイバルRPG「ザンキゼロ」。

このゲームの醍醐味は何と言っても「死ぬこと」です。

死ぬことでその死因となったものに耐性が付与され、死ねば死ぬほど強くなります。

例えば毒で死ぬと毒に耐性が付くといった感じで、「死」はこのゲームにおいて重要な育成要素に繋がっています。

戦闘はターン制のないローグライクゲームと言えば分かりやすいでしょうか。

リアルタイムで進行するので、敵に近づけばすぐさまに攻撃を仕掛けてきます。

慣れるまでは少し違和感を感じますが、今までにない斬新なバトルシステムだと言えます。

物語も先が気になる展開が多く、さすが「ダンガンロンパ」を手掛けたスタッフが作っただけはあります。

皆さんが思い描く死にゲーとは少し毛色が違うかもしれませんが、ある意味これこそが真の意味での「死にゲー」なのかもしれません。

気になる方は要チェックです。

★3行でまとめると?

・死んで蘇ってを繰り返す育成要素

・今までにない斬新なバトルシステム

・真の意味での死にゲー作品

【第9位:ゴッド・オブ・ウォー】

北欧神話を舞台としたアクションADV「ゴッド・オブ・ウォー」。

父「クレイトス」とその息子「アトレウス」の旅路を描く神ゲーです。

死にゲー要素は普通にプレイする分には全く感じませんが、難易度を上げれば一気に死にゲーと化します。

なので死にゲーをするのが不安な方でも、とりあえずは普通に遊べるのでおすすめです。

周回要素もあるので、慣れたら死にゲーに挑戦してみましょう。

注目は映画も顔負けといったほどに迫力のある戦闘。

「クレイトス」の脳筋アクション、「アトレウス」の支援攻撃を駆使して強敵に挑みます。

また旅中では様々な装備が手に入り、鍛冶屋での強化はもちろん、ルーンを装着して固有の大技を発動することもできます。

旅の目的は死んだ妻の遺言を果たすため。

その中で互いに成長していく父と息子の物語にはどこか温かみを感じます。

「Game of the Year」を受賞したのも頷ける超大作です。

★3行でまとめると?

・難易度を上げれば死にゲーへと変化

・映画さながらの大迫力バトル

・感情移入してしまう物語

【第8位:ホットライン マイアミ】

2Dドットの見下ろし型アクションゲーム「ホットライン マイアミ」。

バイオレンスな表現をこれでもかと詰め込んだかなりぶっ飛んだ作品です。

「とにかく殺して殺しまくる。」といったように、ステージにいる敵を全て皆殺しにすることが出来ればステージクリアです(笑)

なんておそろしいゲームなんだ…。

基本的なアクションは主に3種類。

  • 攻撃する
  • 武器を拾う・投げる
  • 倒れた敵にトドメをさす

一見シンプルで簡単そうに見えますが、かなり頭を使う難しいゲームです。

しかしリトライに全く時間がかからないので、イライラを感じることなくサクサクと遊べます。

BGMも頭に残るようなものが多く、独特な中毒性を生み出しています。

よくゲームの面白さにビジュアルは関係ないと言いますが、このゲームはまさしくそれを表しているなと感じます。

爽快感があって楽しい死にゲーなので、興味がある方は是非やってみて下さい。

ちなみにこの作品はシリーズ2作が1つになったものです。

ボリューム面もばっちり!といったところですね。

★3行でまとめると?

・殺して死んでを楽しむ「死にゲー」

・戦略性の高いバイオレンスアクション

・見た目で損をしている隠れた名作

※注意点※

2作目はパッケージに付属するプロダクトコードにより遊べます。

中古で購入した場合、すでにそのコードが使用されている可能性があります。

購入される際には必ず新品のものを買うようにして下さい。

【第7位:The Surge】

SFテイストのアクションRPG「The Surge」。

ダークソウルに強く影響を受けていることで有名な作品です。

ダークソウルシリーズではお馴染みのシステムが多数採用されており、かなり難易度の高い死にゲーです。

とまぁ「何だパクりか。」と思ったそこのあなた!

もちろんこのゲームならではの新要素もきちんとあります。

例えば部位破壊という概念。

その名の通り敵の部位を狙って破壊することが出来ます。

破壊すれば戦闘を有利に運べることはもちろん、部位によって異なるアイテムを入手することが出来ます。

入手したアイテムは装備の強化や作成などに役立つので、積極的に狙いましょう。

この他にもダークソウルとの違いとしては、マップがかなり複雑になっています。

帰還アイテムもないので探索のドキドキ感が強く、ショートカットを開通したときの喜びは本家以上と言えます。

どうしてもダークソウルと比較されがちな作品ですが、オリジナル要素もしっかりあるのでおすすめです。

★3行でまとめると?

・ダークソウルのリスペクト作品

・かといって丸パクリというわけではない

・きちんと「ならでは」なオリジナリティを感じる

【第6位:DARK SOULS III】

言わずと知れたダークソウルのシリーズ三作目「DARK SOULS III」。

死にゲーの代表作といっても過言ではなく、すでに知っているという方がほとんどだと思います。

なのでここは思い切ってシステム的な説明は省きます。

システムを説明するよりも、おそらく難易度に触れてみたりといった具体的な話の方がみなさん気になるかと思いますので。

というわけで、難易度について。

個人的ではあるものの自分は「DARK SOULS III」がシリーズの中で一番簡単だと感じています。

もちろんこれまでにシリーズをプレイしてきた「慣れ」はあると思いますが、動きがモッサリしていないので操作しやすいです。

操作感って大切ですよね。難易度にも直接影響してくると思います。

ただし、世界観に問題があります。

「DARK SOULS III」は過去作と世界観に繋がりがあり、過去作をプレイしていなければこのゲームの全てを堪能することは出来ません。

難易度的には初心者向けですが、一番最初にプレイするのは何か違う気がします。

世界観より難易度の低さを優先したいのならかなりのおすすめです。

★3行でまとめると?

・誰もが知る死にゲーの第三作目

・難易度はシリーズの中でも一番簡単

・世界観的に最初のプレイにはおすすめできない

【第5位:仁王】

ダーク戦国アクションRPG「仁王」。

「戦国死にゲー」として人気のある死にゲーです。

こちらもダークソウルのオマージュ作品で、「和製ダークソウル」なんかとも呼ばれています。

戦国時代末期をモチーフとした世界を舞台としており、ハック&スラッシュな要素も含まれた作品です。

またやりこみ要素も豊富に用意されています。

例えば周回数によって敵の配置や攻撃パターンが変化したり、装備のレベル上限なんかも上がっていきます。

あとは無間獄と呼ばれるダンジョン的な場所で、ボスをひたすら倒していくエンドコンテンツもあったりします。

その他にもDLCが現在だと第3弾まで配信されているので、控えめに言ってもかなり長く遊べるゲームです。

ダークソウルとは違って今の所シリーズ化はされていないので、今からでも始めやすいという点でも優秀です。

「和」なテイストが好きな方にはダークソウルよりおすすめ出来ます。

★3行でまとめると?

・ハクスラ要素を含む和風なダークソウル

・やりこみ要素がかなり充実している

・DLCが第3弾まで収録されたボリュームのある作品

【第4位:DARK SOULS II】

ダークソウルシリーズ二作目「DARK SOULS II」。

難易度はシリーズの中でも比較的簡単な部類に入ると思います。

理由としては、序盤に山場という山場がないんですよね。

しかも攻略ルートが最初から結構あるので、詰まったら他のルートの攻略に移るといった遊び方ができます。

ただこれは個人的な感想なんですが、この「DARK SOULS II」。モーションがかなりモッサリとしています。

なんか正直あまり爽快感を感じません(笑)

もちろんダークソウルらしさを感じることは出来るんですが、自分はあまりしっくりきませんでした。

とまぁこんなこと書いてたら好きな方から怒られそうですが(笑)

でもこれはあくまで自分の意見です。決して好きだという方を否定しているわけではありませんので何卒お許しを…。

まぁでも何やかんや不満はあれども「普通に面白いよなぁ」ってのが本音だったりします。

やってみる価値は十分にあるゲームです。

★3行でまとめると?

・難易度はシリーズの中でも簡単な部類

・モーションがモッサリしている

・とは言え普通に面白い。やる価値はある

【第3位:DARK SOULS】

ダークソウルシリーズの原点「DARK SOULS」。

難易度はシリーズの中だと結構難しめです。

序盤の山場に加えて攻略ルートも複数あるにはあるんですが、正規ルートに進まないと初心者は確実に死にまくるでしょう。

状態異常も厳しめなものが多いですし、特に「呪い」という状態異常はトラウマレベルです。

ただしゲームの面白さはピカイチ。

一作目なので当たり前ですが、これこそがダークソウル。といったように探索と戦闘が楽し過ぎます。

若干の思い出補正も含まれてはいますが、死にゲーとして一番におすすめしたいのが「DARK SOULS」です。

ちなみにリマスター版なので以下の変更が加えられています。

  • 解像度が1080pに対応
  • フレームノートが60fpsに対応
  • オンラインプレイ人数が最大4人から6人へ

難しい作品であるのに間違いはないですが、序盤を乗り越えると案外スムーズに進んだりもします。

勇気を出して是非プレイしてみて欲しい名作です。

★3行でまとめると?

・難易度はシリーズの中でも結構難しめ

・探索と戦闘のバランスがいい

・リマスターによって画質が綺麗 

【第2位:Bloodborne】

ソウルシリーズの新規タイトル「Bloodborne」。

新規タイトルとは言っても根本的なシステムはソウルシリーズと同じです。

難易度に関してはかなり難しめと言ってもいいでしょう。

ガードがないので敵の攻撃がきたら基本的には避ける、もしくは銃によるパリィ(ジャストガード的なもの)をするしかありません。

全体的にテンポの早い戦闘となっており、敵の攻撃もかなり激しいです。

なので初心者の方がいきなりやると結構厳しいんじゃないかなぁって思います。

一番最初のボスを撃破したときに貰えるトロフィーの取得率が低く、多くの人が最初のボスさえ倒せないといった状況です。

ただまぁコツなんですが、敵の攻撃を避ける時に横や後ろに避けるのではなく、あえて前に避けてみて下さい。

これを意識するかしないかで結構難易度は違ってくると思います。

まぁそれでも難しいというのに変わりはありませんので、もし買うのでしたら覚悟が必要です…。

★3行でまとめると?

・難易度はシリーズの中でもかなり難しめ

・多くの人が最初のボスを倒せていない

・攻撃を前に避けるように意識するといいかも

【第1位:SEKIRO】

こちらもソウルシリーズの新規タイトル「SEKIRO」。

またしてもシステムの根本的な部分はほぼ変わっていません。

しかし難易度にいたってはシリーズの中で一番難しいと思っています。

余裕の第一位としました(笑)

具体的な理由としては主に3つ。

  • 単純に敵が強い
  • ジャストガードを頻繁に要求される
  • オンライン協力プレイができない

この中でも一番大きいのは、やはり協力プレイに頼ることができないという部分だと思います。

今までのソウルシリーズには必ずオンライン要素があったんですが、「SEKIRO」は完全にオフライン専用のゲームです。

つまりは詰んだら勝てるまで一人で戦い続けるしかないわけです。

慣れている方だったらそこまでの枷には感じないのかもしれませんが、初心者の方からするとこれは致命的です。

クリア出来ないまま辞めてしまう可能性が高いと言えるので、いきなり「SEKIRO」からやるのは個人的にはおすすめしません。

ただそう聞くと逆に燃えるという方は才能があるので、それはもう是非ともやりましょう(笑)

基本的には違うシリーズから入って慣らす方向を推奨します。

★3行でまとめると?

・難易度はシリーズの中でも一番難しい

・オンライン協力プレイで人に頼れない

・他のシリーズから入った方が無難

最後に

【死にゲー初心者向けランキング】

  • 第1位:「DARK SOULS」
  • 第2位:「仁王」
  • 第3位:「DARK SOULS III」
  • 第4位:「ゴッド・オブ・ウォー」
  • 第5位:「DARK SOULS II」
  • 第6位:「The Surge」
  • 第7位:「ホットライン マイアミ」
  • 第8位:「Bloodborne」
  • 第9位:「SEKIRO」
  • 第10位:「ザンキゼロ」

ゲームの面白さ、難易度、死にゲーらしさなど、色々考えた上でのランキングです。

かなり悩みましたがこんな感じかなぁ…。

「Bloodborne」と「SEKIRO」はゲームの面白さだけを見ればかなり上の方です。

ただやっぱり初心者の方にとっては難し過ぎる気がするのでこの順位にしています。

あえていきなり難しいのに挑戦するのもそれはそれでありだとは思いますが(笑)

まぁでも結局は自分がしたいものをするのが一番だと思うので、ランキングはあまり気にしなくてもいいと思います。

※注意点※

あくまで個人的なランキングです。参考程度によろしくお願いします

【ソウルシリーズの遊ぶ順番】

おまけとしてシリーズの遊ぶ順番についておすすめを書いておきます。

  • 1「DARK SOULS」
  • 2「DARK SOULS II」
  • 3「DARK SOULS III」
  • 4「Bloodborne」
  • 5「SEKIRO」

見事なまでにシリーズ順となっていますが、上から順番にプレイして頂くのがおすすめです。

「DARK SOULS II」を一番にするかどうか迷ったりもしたんですが、「II」は少し操作感にクセがあるんですよね…。

それならもう一作目から順にシリーズとしての楽しさや基礎を学んで頂くのが一番なのかなと。

まぁくどいようですが本当に参考程度によろしくお願いします。

というわけで、最後まで読んで頂きありがとうございましたぁー!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする