【バイオRE3】クリア後の感想とボリューム・周回要素について

シェアする

今回は「バイオハザード RE:3」をクリアしたので、前作である「バイオハザード RE:2」との比較も交えて感想をまとめたいと思います。

良い点と悪い点に分けてまとめているので参考にしてみて下さい。

それとついでにみなさんが一番気になるであろうボリュームと周回要素についても触れているので気になる方は要チェックです。

ちなみにネタバレは一切ありませんので安心して下さい。

というわけで前置き終わり!

スポンサーリンク

バイオハザード RE:3の良い点

【大作映画のような迫力ある演出】

今回この「バイオハザード RE:3」をプレイしていて一番に感じたことは「没入感がすごい」ということです。

最近のゲームでは当たり前と言えば当たり前なんですが、カットシーンからそのままシームレスにゲームプレイに移行するのでかなりの迫力があります。

自分が休憩を挟まずに一気にクリア出来たのもその迫力ある演出のおかげだと思います。

個人的には「バイオハザード RE:2」より演出面 (迫力) といった意味では一歩上をいってるんじゃないかなって印象を受けました。

ただ恐怖面の演出で言えば一歩後退している感じも否めませんが、まぁそこらへんは恐怖をどう捉えるかで変わってくる部分でしょう。

よほど性に合わない限り最後まで飽きずに遊んでしまうと思います。

【カジュアルで遊びやすくなっている】

今作は「バイオハザード RE:2」と比べてかなりカジュアルに作られている感じがしました。

難しさで言うと断然「バイオハザード RE:2」の方が難しいと思います。

何も今作が簡単とまでは言わないですが、今作は弾薬とハーブ (回復アイテム) にかなりの余裕があります。(初見ハードコアとかだとキツいかも)。

それに無限武器の入手方法もレコードを達成すると貯まるポイントさえ集めれば入手可能です。

「バイオハザード RE:2」みたいに「ハードコア (最高難易度) で決められた時間内にクリア+セーブ回数3回以内」といったコアなことをする必要がありません。

まぁでも難易度が下がったことを良い点とするのも少し迷ったんですけどね…。

ただ代わりにコアユーザー向けにハードコアの更に上の難易度が追加されてたりするので、個人的には良い点なんじゃないかなって思いました。

【グラフィックの更なる向上】

素人目なので詳しいことはちんぷんかんぷんですが、「バイオハザード RE:2」と比べて明らかにグラフィックの質がよくなっていると感じました。

特にジル (今作の主人公) の肌の質感がすごく印象的で「お肌すべすべやなぁ!」って思いながらプレイしてました (笑)

後は火の燃える感じとか、湿気でジメッとした感じとか、銃でクリティカルが出たときの血の飛び散る感じとか、とにかく全体的によりリアルに進化していました。

ちなみに自分はSteam版でプレイしているのでPS4とかだとどうなのかな?って感じなんですけどね。

PS4でプレイしたことはないので、もしかしたらPS4版は「バイオハザード RE:2」とそこまで違いはないとかあるかもしれません。

まぁでもSteam版のクオリティから察するに少なからず退化はしてないんじゃないかなとは思います。

【ネメシスが思っていたよりうざくない】

知らない方に向けて説明しておきますが、今作には「ネメシス」と呼ばれる主人公を執拗に追いかけ回す強敵がいます。

ってか今作「には」というか「バイオハザード RE:2」にもそれと同じような「タイラント」ってやつがいたんですよ。

それでその「タイラント」なんですけど、「バイオハザード RE:2」ではただのストレスって感じであまり評判がよくなかったわけです。

その件もあって今作の「ネメシス」は正直かなり不安要素だったんですが、思っていたより控えめで逃げるのもそこまで苦労しませんでした。

もちろん余裕をかましていると怒りのダッシュパンチで瀕死状態になるわけなんですけどね (笑)

でも個人的にはストレスを感じることはなかったですし、手に汗握る演出として上手く機能してたんじゃないかなって思いました。

【緊急回避が楽しい】

先程「ネメシス」から逃げるのにそこまで苦労しなかったと言いましたが、間違いなくこの緊急回避があるからだとプレイしながらずっと思ってました。

知らない方向けに説明すると、緊急回避とは敵の攻撃が当たる直前にステップボタン (R1ボタン) を押すと攻撃を避けることが出来るシステムのことです。

それと緊急回避に成功すると周りの時間がスローになりましてですねぇ、その時にエイムすると自動的に敵の弱点に照準が合います。

狙って決めるのには少しコツが必要ですが、慣れてくると攻撃的に立ち回れてかなり楽しいです。(特にボス戦)。

ちなみに緊急回避は体力が減ると受付入力時間が増える (緊急回避が成功しやすくなる) ので覚えておくといざってときに便利です。

とまぁただの説明になりましたが、緊急回避でピンチをチャンスに出来るので理不尽な死に方が減ってストレスも減ります。

バイオハザード RE:3の悪い点

【周回に興味がなければあっけなく終わる】

何を隠そう「バイオハザード RE:3」は周回前提の作品です。

というか「バイオハザード」自体が基本的に周回前提のシリーズなので悪い点にするのもかなり怪しいのは理解しています…。

でもまぁ「バイオハザード RE:2」はレオン編とクレア編の表裏がありますし、今作は今の時代に見合っていない本編ボリュームだとは思うので悪い点としておきます。

手抜き?かどうか真相はよく分かりませんが、原作から削除されたマップとかもいくつかありますので。

というわけで周回プレイに興味がないという方は買わないほうが無難でしょう。

ただし短くてもいいから楽しいゲーム体験がしたい方、もしくは付属されているレジスタンスに興味がある方であればおすすめです。

【ホラー感が少し物足りない】

今作は「歩いているだけで感じる恐怖」というのが「バイオハザード RE:2」に比べて少し薄らいでいる気がします。

アクション面を強調したせいなのか全体的に「怖いというよりびっくりする」って感じになっちゃってます。

でもだからといって「何だ。終始びっくりさせられるだけかぁ…。」と言われるとそういうわけではありません。

純粋な恐怖心から先に進めるのが怖いというシチュエーションもたくさんありました。

それでも「バイオハザード RE:2」の方が怖いと感じるのはやっぱり不気味さの違いかなって自分は思ってます。

だって元々は美術館だった警察署がゾンビまみれですからね…。

まぁ単純に「バイオハザード RE:2」で怖さに慣れたという可能性もあるのかもしれません (笑)

【謎解き要素がほとんどない】

これは人によって意見が分かれると思いますが、自分は「バイオハザード」と言えば謎解きが肝だと思っています。

もちろん「弾薬をいかに節約しながら敵を倒すか」という部分も大好物なので謎解きが少なかったとしても普通に楽しめます。

がっ!それでもやっぱり謎解きが少ないと結構寂しいのです。

人によっては「面倒な謎解きなんていらねぇ」という方もいると思うんですが、自分はその面倒な謎解きが好きです。

最低でもパズル的なものが欲しかったぞカプコン!

とまぁ多分これは少数派の意見だと思うので、謎解き要素が面倒だという方は良い点に含めてしまいましょう (笑)

ボリュームと周回要素について

【ボリュームは正直言って少ない】

画像のように自分の場合はトータルプレイタイムが約8時間、そしてIGT (インゲームタイム) が約6時間半でした。

IGTとはゲーム内時間のことで、実際にリアルタイムで流れた時間は約8時間ということになります。

セーブ回数の多さで自分のチキり具合がバレて恥ずかしいですがそれはさておき、このプレイ時間は平均的なプレイ時間よりも間違いなく長いです。

自分はテキストをしっかり読んで探索なども隅々まで行うタイプの人間なので、どのゲームでも基本的に人より時間がかかります。

だいたいの平均プレイ時間は約5時間~6時間といったところでしょうか。

周回プレイや縛りプレイ、タイムアタックなどに興味があれば長く遊べますが、本編クリアだけに着目してしまうと相当なボリュームの低さです。

なので周回プレイに興味がない方や付属で付いてくるオンライン専用のゲーム「バイオハザード レジスタンス」に興味がない方は買わない方がいいのかもしれません。

それでも気になるという方は値下がりを待ってから買うことをおすすめします。

【周回要素はなかなかに豊富】

ゲームをクリアすると「SHOP」というものが開放され、ゲーム内 (本編でのレコードの達成)で貯まるポイントで無限武器など様々なアイテムを購入出来るようになります。

攻撃力が上がるコインや所持枠を増やすサイドパック、その他にもキーピックやチェーンカッターなんかも買えるのでゲームプレイがより快適になっていきます。

タイムアタックをする方であればまずは一通り揃えてからが本番でしょうね。

ちなみにポイントは本編のみではなく「バイオハザード レジスタンス」をプレイすることによっても入手可能です。

後は難易度ハードコアで本編をクリアすると更にその上の難易度ナイトメアが追加され、ナイトメアをクリアするとそのまた上の難易度インフェルノが追加されます。

クリアすることでレコードを達成 (ポイントを獲得) することが出来るので周回要素としても結びつきがあるのも嬉しいです。

周回プレイが好きな方であればそこそこのボリュームはあると言えるでしょう。

そんな感じで「バイオハザード RE:3」の感想とボリューム・周回要素については以上となります。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする